2015年03月04日

心が震える詩

皆様にお知らせです!

あんこの実家のお母様が詩集を出版されました!
1E42B7AF-967E-4628-AC8D-725D052B9113.jpg

BBD8137F-7F12-43FF-AC09-2A29747BFBCC.jpg

代金の一部は母子の支援団体や犬猫の支援団体に寄付されます。
A9BC9158-7670-4635-9B5D-31CF2F9F0C22.jpg

興味のある方はコメント下さい!

↓お母様のブログです!

了解とってませんが(笑)直接こちらにコメントして下さっても大丈夫だと…(笑)

お友達やお知り合いの方々に宣伝して頂けると嬉しいです♡

内容はお母様曰く「暗くて重い」と(笑)仰いましたが私は考えさせられました。

2011年3月11日の東北沖地震の時に福島に住んでおられ原発事故から避難を余儀なくされ今は千葉にお住まいです。
動物の保護活動をされ人格者なお方であります。

そんなご経験のある方の言霊は響きました。「生きる」「命」「死」について考えさせられました。
生きている、生かされている事に改めて感謝とこれから私はどうやって人生を全うして行くのか…

とにかく多趣味でありお顔の広い太っ腹な男前な方です。
お母様の太陽のような明るさの影には色々なご経験をされ今回の詩集が出来上がったのだと感じました。

「暗い」と言うより「深い」重いは「思い」ではないかと思う私です。


皆様の愛で命が繋がります…
読んで頂いてありがとうございました♡

posted by Junko at 17:36| Comment(0) | ワタクシゴト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。